お電話でのご注文・お問い合わせ 0120-0973-32 月~土 8:00~20:00 日・祝日 8:30~18:30

水と健康

私たちの体とミネラルウォーター

ミネラルウォーターの効果的な飲み方

日々の生活の中で失われがちな体の中の水分

人が生きていくうえで欠かせない水。人体の約60%を占める生体の機能維持に使われる水。毎日の生活を健康にすごすためには、生活の中でおこりうる水分不足を解消するためのこまめな水分の補給が大切です。

水を飲むことが体に良いこととはわかっていても意識して水を飲んでいる人はそう多くはいないことでしょう。こまめな水分の補給もついつい忘れがちに。

家庭で家事をしているときや、会社でのオフィスワーク中などは運動量が少ないため、のどの渇きの感じ方も小さくなります。水分の補給が長時間にわたっておこなわれず、体は軽微な脱水状態になっているかもしれません。

体内の水分不足はさまざまな体の部分へ悪影響を及ぼします。日常から血流の悪い、いわゆるドロドロ血の人は、さらなる血流の滞りで血管内の血栓の発生率が高くなり、心臓や脳の血管での障害を引き起こす可能性もあります。

自分の日頃からの体調の管理はもちろんですが、こまめな水分の補給をこころがけ健康維持に努めたいものです。

五大栄養素ミネラルの摂取をミネラルウォーターから?

ミネラルは五大栄養素の一つといわれ、他の栄養素とともに人間の体にとって必要不可欠な栄養素です。ミネラル不足による影響も、水分の不足による生体機能への影響と同様に様々な体調の不良につながります。不規則な生活や偏った食生活は体内のミネラル不足の大きな原因となります。

ミネラルが栄養素だからといって、量を多く摂るためにミネラルウォーターをたくさん飲んでも、体内に吸収されずに排出されてしまいます。ミネラルの効果的な摂りかたは、やはり毎日の規則正しいバランスのとれた食事からの摂取が大前提です。

生活サイクルの中で水分の補給にミネラルウォーターを飲んだついでに、微量ながらその不足分が補えると認識したほうがいいでしょう。

ミネラルウォーターを上手に補給

ミネラルウォーターを飲むのは体に良いと認識していても、こまめな水分補給もせずに、のどが渇いたときだけ大量のミネラルウォーターを飲むというのは、効果的に飲んでいるとはいえません。

まずは体と水の関係を知って、ミネラルウォーターを効果的に飲むように心がけましょう。

効果的な飲み方

朝起きたら
寝ている間にも汗をかいています。失われた水分の補給に。
のどが渇く前に
運動していなくても水分は失われています。1時間に1度くらいのペースで。
運動中
運動をすれば当然汗をかきます。脱水症状になる前に早めの水分補給を。
会社勤めの人はオフィスで
長時間仕事に没頭して水分補給を忘れがちに。エアコンの使用でオフィスは乾燥気味です、規則正しい水分補給を心がけて。
入浴後に
運動中と同じく入浴すれば汗をかきます。体が濡れているので汗をかいた実感はありませんが、入浴後は必ず水分の補給を。
就寝前に
就寝中に失われる水分を補給できるのは朝目覚めた時だけ。寝る前に体が水分不足だと、就寝中に失われる水分と合わせて二重の水分不足に。寝る前には飲む習慣を。(夜中にのどの渇きで目覚めるのは寝る前の水分不足が原因の可能性もあります)

体内の水分バランスをくずさないように1日に必要な水分量を意識して、日頃からこまめにミネラルウォーターを補給するように心がけましょう。

今年も日田天領水はその品質・おいしさを評価され、モンドセレクション・iTQiといった数々の賞を受賞しました。

「日田天領水」2L_ペットボトル

ページのトップへ