お電話でのご注文・お問い合わせ 0120-0973-32 月~土 8:00~20:00 日・祝日 8:30~18:30

アクアポリン

アクアポリンって何?

アクアポリンとは

アクアポリンとは、体の細胞膜に存在し水を通過させるという特別な性質をもつタンパク質であり、1992年に発見されました。細菌から哺乳類まで全ての生物に存在し、水と生命の間をつなぐ重要な役割を果たしています。

私達の体の細胞は水で満たされていて、水は細胞の外から中へと自由に通過すると考えられていました。しかし、細胞膜にはアクアポリンという水が通るタンパク質の孔があることが解ったのです。

また、アクアポリンは水輸送のみならず細胞の游走や細胞間の接着に働くなど、多くの機能が明らかにされつつあり、最近の研究ではアクアポリンがナチュラルキラー細胞の活性にも影響を与えるとも言われています。

アクアポリンと生命の関係が重要であることは、2003年に発見者のピーター・アグリ博士がノーベル化学賞を受賞したことに端的に示されています。

アクアポリンの働きは多彩なので、その働きの全貌を明らかにするには、細菌、植物、医学、構造生物学などの多くの分野の研究者が一同に集まって研究成果を議論することが必要であり、そのための一つとして、「アクアポリン国際会議」が開催されました。

アクアポリンホームページ(英語)

アクアポリンホームページ(http://www.congre.co.jp/aqp2007/)は現在閉鎖しています。ホームページキャプチャ画像

迫害や紛争のために自分の国で安心して暮らすことのできない人がいます。水にやさしさを込めて...

「日田天領水」2L_ペットボトル

ページのトップへ