お電話でのご注文・お問い合わせ 0120-0973-32 月~土 8:00~20:00 日・祝日 8:30~18:30

ミネラル成分の違い

私たちの体とミネラルウォーター

ミネラルウォーターのミネラルって?

岩盤から溶け出した鉱物

地表に降った雨が地層へと浸透して長い年月をかけて地下深くに滞留します。地層を通るとき岩盤などから溶け出したミネラル分を含んだ地下水をミネラルウォーターと呼んでいます。

ミネラルウォーターに含まれるミネラルについて、鉱物、無機物または、生体の生理作用に必要な微量元素の総称のことと定義されています。

ミネラルは有機物に含まれる元素(炭素、水素、窒素、酸素)以外に、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、カリウムなどは糖質、脂質、蛋白質、ビタミンと並び、生体にとってなくてはならない五大栄養素の一つでもあります。

実際には人はこのミネラル分のほとんどを、普段の食事による食物から摂りいれていますが、食事からの水分の補給だけでは補えないときに飲むミネラルウォーターは、水分の補給と同時にミネラルも摂りいれることができ、毎日健康的に生活を送るのに効果的です。

五大栄養素ミネラルの有用性

五大栄養素の一つであるミネラルは、人が生きていく上でとても重要な生体上での生理作用における働きをしています。

採水地とミネラルの関係

ミネラルウォーターは様々な地域で採水されています。地域によって、地下の岩盤などで構成される地層の種類や重なり方も様々なため、採水される場所ごとにミネラルウォーターに含まれるミネラルの成分や量に違いがあらわれます。

ミネラルウォーターに含まれるミネラル成分の違いによって飲んだときの味わいにも大きな違いがあります。

「日田天領水」2L_ペットボトル

ページのトップへ