日田天領水の水質検査

日田天領水の水質

安全な工場から安心をお届けします。

日田天領水は大分県日田市の深い地層から汲み上げた深井戸水を、採水地で衛生的にボトリングしたミネラルウォーターです。

日田天領水の製造工場では製品の品質を確保するため、取水から全ての工程において衛生的に管理された最新設備のシステムにより製造され、従業員への徹底した衛生管理のもと、高レベルな品質管理をおこなっています。又、外部検査機関での分析結果で安全性を確認し、衛生と安全には最大限の注意を払っております。

水質基準項目(51項目)と基準値

水道法第4条に基づく水質基準は、水質基準に関する省令(平成15年5月30日厚生労働省令第101号)により定められ、水道水は、この水質基準に適合しなければならないとされています。

日田天領水は、水道法が定めた水質基準項目の51項目すべてにおいて、水質基準をクリアしています。

製品はその安全が確保され、なおかつ品質は自社で定めた基準をクリアしたものにおいてのみお届けしています。

51項目水質試験成績書

放射性物質に対する取り組み

福島第一原子力発電所の事故以降、放射性物質がもたらす食品への影響など、ご心配の声をお寄せいただくようになりました。皆様の健康を願う日田天領水では製品の安全性を確保するためにさまざまな取り組みを行っています。

2011年6月から、放射性物質に対する安全性を確認するため、外部の検査機関に月一回を目安に放射性物質の検査を委託しています。 Bq(ベクレル)は放射能の単位のことで、土や食品、水道水等に含まれる放射性物質の量を表すときに使われ、ベクレルで表した数値が大きいほど、そこからたくさんの放射線が出ていることを意味します。2012年4月施行の「食品中の放射性物質の新たな基準値」(厚生労働省)では「飲料⽔」の基準値は、10ベクレル/kgとしています。現在の検出限界値は1ベクレル/kgになります。

日田天領水は地下深くから取水しており、2011年の検査開始後から一度も放射性物質が検出されたことはございませんが、これからも放射能汚染に限らず、製品の安全性に最大限の注意を払い皆様が安心してご利用いただけますよう努力してまいります。

放射性物質分析試験