ミネラルウォーター日田天領水の誕生

誕生のきっかけ

利用者の多くが実感した食経験

ミネラルウォーター「日田天領水」の原水はもともとうなぎ等の淡水魚を養殖する目的で汲み上げられていた深井戸水です。うなぎの成育が良いだけではなく、特に滅菌処理等を行わなくても飲用水として適していることが公的検査機関での水質試験でわかってからは、飲用水としても多くの人々に利用されてきました。

この利用者の多くが実感した食経験がこの深井戸水を後に行われていく研究対象とし、そして「日田天領水」という名称のミネラルウォーターとして商品化するきっかけとなりました。

食経験を実感した利用者の輪の広がり

水質試験や一般的な成分分析では説明がつかない利用者の食経験。

この深井戸水の利用者の多くが実感した食経験が当時の日田淡水魚センターに多く寄せられました。しかしその理由は水質試験や一般的な成分分析では説明できませんでした。この水の良さは口コミで広がり、日田淡水魚センターにうなぎの注文ではなく水を送ってほしいという問い合わせが遠方からも来るようになってきました。

視点を変えると見えてくる可能性

利用者の多くが実感した食経験は、やがて一つの可能性を指し示す。

九州大学大学院白畑實隆教授は利用者の多くが実感した食経験、同様の食経験が多く寄せられているドイツのノルデナウ水やメキシコトラコテ水との近似性、過酸化水素やスーパーオキシドラジカルなどいわゆる活性酸素種とこの深井戸水との反応性という視点からこの深井戸水に一つの可能性を指し示しました。これをきっかけにこの深井戸水は天然活性水素水とも呼ばれるようになり、愛飲者は口コミで増えていきました。

日田天領水はこうして生まれた

この水を必要としているひとへお届けしたい

小さな想いが大きな原動力へ

ご利用いただいた人からの多くの要望は、私たちに「この深井戸水をもっと多くの人に知っていただきお飲みいただくことができないのか」という強い想いを芽生えさせ、さらに九州大学大学院白畑實隆教授が示した一つの可能性は、その思いを確実なものに変えるための方向へ導きました。

日田天領水の誕生

私たちは白畑實隆教授が指し示した可能性と、多くの人からの強い要望を後押しに、この水を提供することを決意し、やがて多くの方々の協力を得て1999年「日田天領水」が誕生しました。

バックインボックスタイプの製品化の成功とともにミネラルウォーター「日田天領水」を安定的に皆様にお届けするため、同時に株式会社日田天領水をたちあげました。